作業着の耐久性

作業服の耐久性は値段に比例するところがあります。

格安の量販店で買えば1着数百円で買うこともできます。もちろんワンシーズンで使い捨てという感覚であれば、そういったものを数着まとめ買いするのも一つかもしれません。

毎年買い替えて常に清潔感を保つことは大事なことです。

 

低価格な作業着のデメリット

でもそういった格安商品はやはり見た目ですぐにわかってしまいます。作業服の形はたとえ同じであっても、やはり高いものとは違うのです。

生地の薄さや、縫製具合、しわのよりやすさや、破損のおこりやすさなどがそれに当たります。

また、見た目だけではなく、動いた時の擦れる音や、ジップの動きの滑らかさ、ボタンの着脱の硬さなど、細かな点を見ていけばきりがありません。

その辺が安い作業服の場合、1つ1つのレベルが低くなってしまいます。それは見る人が見るとすぐにわかりますので、できればあまりお勧めはしたくないです。

 

上質なものにしか出せないブランドとしての価値

こちらのブランドの作業着は上質なものが多くおすすめできます。

あの山本寛斎デザインのユニフォーム(カンサイユニフォーム)も取り扱っているので、変なものは作らないでしょうし、何より安心感が違います。

デザイン性の高い作業服が多く、カラーバリエーションも多いので、おしゃれに着こなしたい人にはお勧めです。低価格なものでは出すことのできないデザインや機能面が豊富に揃っています。

もう一つのブランドはダイリキで、こちらは渋い男性という感じの作業着が多く揃っています。私は縁の下の力持ちというイメージをこのブランドに勝手に抱いてしまいましたが。

この人は「ちゃんと仕事をしてくれそう」と感じられるような雰囲気のデザインなのです。

これらのブランドは下記店舗で販売していました。

安心の作業服ブランドはこちら

 

 

うちの会社でもDAIRIKIを採用していますが、非常に着心地がよく、ポケットの多さに助けれられています。一つ難点を上げるならば、ガラケー用のポケットが付いているので、これを是非スマホ用ポケットに変えてほしいですね(笑)

次の品番でバージョンアップしてほしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です